« 凄く良いです! | メイン | 名古屋 »

渋め

 

ここ数日、立て続けに卒業式の袴セットレンタルのお客様がご来店くださっています、そのお客様がたに共通するのが「渋め」ってことです。偶然にもここ数日で決まったキモノは全て渋めでした、黒とか茶とかグレーとか。
 
もちろん、派手!ポップ!もありますが、ワズでは渋めの方が人気です、そもそもワズにきてくれるお客様は、みんなとちょっと違う雰囲気がいいとワズに来てくれるので、派手は大手衣装屋さんがたくさん持ってるので渋めを選ばれる方が多いんです。
 
 

 
 
 
昨日のお客様は柄もない方がいいってことで、無地のキモノに袴できめてくださいました、はい、それもかなり個性的で良いと思います!!
 
みんな自分流のスタイルで楽しみましょう!!
 
 
 
 
 
 
そしてそんなキモノにはこんなバッグ!!ってことで、鴉屋さんに頼んで作ってもらっているワズオリジナル、ベルベットシリーズのがま口バッグはキモノでも洋服でも、とてもスタイリッシュで使いやすいデザインになっていますよ。
 
 

 
 
 
 
バッグ展「黒装」は終わりましたが、ベルベットシリーズは常においてありますのでぜひ見にきてください、オススメ中のオススメです!!
 
 
 
 
 
 
 
さて、今日の新潟日報朝刊に手塚眞監督の記事が載っていました、新潟出身の文豪、坂口安吾の小説を元に20年前に上映された手塚監督の映画「白痴」が最新技術で蘇るのです。
 
 



 

漫画界の神を父に持つ、ビジュアリストでクリエーターで映画監督の手塚眞氏、今回は白痴の20周年に新潟美少女図鑑がコラボってことで、その撮影で少し協力させていただきました。
 




 
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
 
 
 
公開から20年。デジタルリマスターにより美しい音と映像で帰ってきた映画『白痴』。シネ・ウインドで、来週から上映されます。
 
この映画は、新潟出身の作家・坂口安吾の小説を原作に、手塚眞監督が10年をかけて構想。新潟市内に建てた巨大なオープンセットでの撮影を中心に、県内各地でロケが行われました。
 
ヴェネチア国際映画祭デジタル・アワード受賞をはじめとして、世界各国の映画祭で上映され、その映像美が評価されました。この映画を今の世代にも見て貰いたいと新潟美少女図鑑と手塚眞監督がコラボした企画がスタート。
 
手塚眞監督が撮り下ろした新潟美少女図鑑モデルの作品を、今日から毎日、インスタに投稿して行きます。
 
11/23(土)13:40より上映スタートで、上映後にはアフタートーク(17:20まで)があります。出演は、手塚眞監督と甲田益也子さん。

11/24(日)14:20より上映スタートでアフタートークには、手塚眞監督(18:00まで)が出演。翌日以降は、通常上映。11/25(月)から11/29(金)10:00から12:40(上映のみ)
 
 
 
 
です、ボクも見に行く予定、興味のある方はぜひ。
 
 
 
 
 
では、よろしくです。 
 
 
 
 
 
 
 
ワズスタイル 新潟市中央区古町通4番町(上古町商店街)
 
営業時間/11時から18時  定休日/火曜日+第1・3水曜日
 
試着等のご予約は こちらのメールフォーム か 電話 0252280841 からお気軽にどうぞ。
 
レンタルのご試着は11時から18時まで受け付けております、お気軽にご連絡ください。
 
フェスブックページ インスタグラム もフォローよろしくお願いします。
 
パグスタイル のオンラインストアもよろしくお願いします。